MariaDBに接続するユーザー名とパスワードの指定

mariadb コマンドを実行して MariaDB に接続するとき、 MariaDB のユーザー名とパスワードの入力が必要となります。ここではコマンドプロンプトから MariaDB コマンドツールを起動する時に必要となるユーザー名とパスワードの指定方法について解説します。

(2021 年 07 月 11 日公開 / 2021 年 07 月 11 日更新)

ユーザー名の指定方法

mariadb コマンドを実行するとき、ユーザー名は次のオプションを使って指定します。(どちらの形式でも同じです)。

-u ユーザー名 -h ホスト名
--user=ユーザー名 --host=ホスト名

MariaDB ではユーザーをユーザー名+接続ホスト名で管理しています。インストール時にはユーザー名が root 、ホスト名が localhost のユーザーが作成されます。このユーザーを使って接続するには -u root -h localhost と指定します。ただホスト名を省略した場合は localhost と判定されるため、ユーザー名には単に -u root と入力しても構いません。

実際には次のいずれかを指定します。

-u root -h localhost
-u root
--user=root --host=localhost
--user=root

パスワードの指定方法

続いてパスワードです。パスワードは次のオプションを使って指定します。(どちらの形式でも同じです)。

-p[パスワード]
--password[=パスワード]

コマンドを実行するときにパスワードを指定する場合は、パスワードの前に空白をいれずに指定してください。例えばパスワードが mypass だった場合、次のいずれかの方法で指定します。

-pmypass
--password=mypass

ただこの方法だと mariadb コマンドを実行するときに入力したパスワードが画面に表示されてしまいます。

mariadb -u root -pmypass

パスワードの指定方法(1)

そこで、次のように -p または --password オプションだけを指定し実際のパスワードは入力を行わずに実行します。

mariadb -u root -p

パスワードの指定方法(2)

パスワードを入力せずに実行すると Enter password: と画面に表示されますのでパスワードの入力を行って下さい。先ほどと違う点は、ここでパスワードを入力しても画面上には伏字で表示されるためパスワードを見られる心配がありません。

パスワードの指定方法(3)

パスワードの指定方法(4)

正しいパスワードを入力すれば MariaDB サーバへ指定したユーザー名とパスワードを使って接続を行います。接続に成功すれば MariaDB コマンドラインツールが起動し、コマンドの入力待ちの状態となります。

パスワードの指定方法(5)

接続に失敗した場合は Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: YES) と表示されてコマンドプロンプトへ制御が戻ります。

パスワードの指定方法(6)

この場合はユーザー名の指定、または指定したユーザー名に対するパスワードの指定のいずれかが間違っています。

-- --

コマンドプロンプトから MariaDB コマンドツールを起動する時に必要となるユーザー名とパスワードの指定方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

参考になりましたらシェアをお願いします
関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。