使用するデータベースを選択する(USE文)

データベースを作成したあとでデータベースへテーブルなどを作成する場合、まず USE 文を使ってデータベースを選択しておくと便利です。選択したデータベースはデフォルトデータベースとなります。ここでは MariaDB で USE 文を使って使用するデータベースを選択する手順について解説します。

(2021 年 07 月 15 日公開 / 2021 年 07 月 15 日更新)

USE文の使い方

作成済のデータベースの中から使用するデータベースを選択するには USE 文を使います。書式は次の通りです。

USE db_name

例えば mydb データベースを選択するには次のように実行します。

use mydb;

USE文の使い方(1)

使用するデータベースを選択すると、そのデータベースが現時点でのデフォルトのデータベースとなります。データベースを選択すると、プロンプトに現在選択しているデータベース名が表示されます。

データベースを選択する前:
MariaDB [(none)]>

mydb データベースを選択した後:
MariaDB [mydb]>

データベースを選択したあともう一度 USE 文を使えば別のデータベースを選択することができます。

USE文の使い方(2)

データベースを選択しておくと便利な理由

データベースを選択していない場合、指定のデータベースにテーブルを作成するには次のように記述する必要があります。これはどのデータベースにテーブルを作成するのかを指定するためです。

create table データベース名.テーブル名 (・・・);

またテーブルからデータを取得する場合も次のように記述する必要があります。テーブル名はデータベースが異なれば同じ名前のテーブルを作成できるので、データを取得したいテーブルがどのデータベースのテーブルなのかを指定するためです。

select * from データベース名.テーブル名;

それに対してデータベースを選択しておくと、選択したデータベースがデータベース名を省略した場合のデフォルトデータベースとなるため、テーブルを作成する場合は次のように記述することができます。

create table テーブル名 (・・・);

またテーブルからデータを取得する場合も次のように記述することができます。

select * from テーブル名;

このように対象のデータベースで何度か SQL 文を実行する場合には USE 文を使用してデータベースを選択しておくと便利です。

使用しているデータベースを確認する

MariaDB の場合、現在選択しているデータベースはプロンプトに表示されるためすぐに分かりますが、 database 関数を使って次のように実行することで確認することもできます。

select database();

まだデータベースを選択していないときに SQL 文を実行すると NULL となります。

使用しているデータベースを確認する(1)

use 文を使ってデータベースを選択したあとで SQL 文を実行すると、現在選択されているデータベースを取得することができます。

使用しているデータベースを確認する(2)

mariadbコマンドの引数で使用するデータベースを指定する

mariadb コマンドを使って MariaDB に接続するときに、引数に使用するデータベース名を指定することができます。

mariadb -u root -p データベース名

例えば MariaDB に接続したあとで mydb データベースを選択するには次のように実行します。

mariadb -u root -p mydb

mariadbコマンドの引数で使用するデータベースを指定する(1)

表示されたプロンプトを見ていただくと、接続と同時に mydb データベースを選択していることが確認できます。

-- --

MariaDB で USE 文を使って使用するデータベースを選択する手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

参考になりましたらシェアをお願いします
関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。