文字コードに関する設定を記述する

MariaDB を利用する上で文字コードの設定はクライアント側で使用する文字コードの設定とサーバ側でデータベースを作成した時のデフォルトの文字コードの設定を行う必要があります。ここでは MariaDB の設定ファイルに対してサーバ側およびクライアント側で文字コードに関する設定を記述する方法について解説します。

(2021 年 07 月 12 日公開 / 2021 年 07 月 21 日更新)

設定ファイルを使った文字コードの設定方法

MariaDB のサーバ側に関係する文字コードとクライアント側に関係する文字コードについては設定ファイルである my.ini ファイルで設定します。サーバ側については [mariadbd] グループで character-set-server に対して値を設定します。クライアント側については [mariadb-client] グループで default-character-set に対して値を設定します。

[mariadbd]
character-set-server=文字コード

[mariadb-client]
default-character-set=文字コード

現在 my.ini ファイルではこの 2 つの設定項目について次のように記述されています。

[mariadbd]
character-set-server=utf8

[mariadb-client]

character-set-server に対しては utf8 が設定されています。 default-character-set については何も記述がされていません。

それではサーバ側とクライアント側の文字コードに設定方法についてそれぞれ詳しく見ていきます。

クライアント側に関する文字コード

クライアント側に関する文字コードの設定は、コマンドプロンプトなどクライアント側で使用している文字コードを設定しておきます。

MariaDB サーバ側ではクライアントから送信されてきた SQL 文などをクライアント側で使用していると設定されている文字コードを使って変換します。正しい情報が設定されていれば、クライアント側とサーバ側で使用している文字コードが異なっていても問題ありません。

現在の設定を確認するには、コマンドプロンプトから MariaDB コマンドラインツールを起動したあと次のようにコマンドを実行してください。

show variables like "chara%";

クライアント側に関する文字コード(1)

この中でクライアント側に関係する項目は次の 3 つです。

character_set_client
クライアントからSQL文などが送信される時に使用される文字コード

character_set_connection
クライアント側から受け取った文字を変換する文字コード

character_set_results
クライアントへ結果を送信する時に使用される文字コード

現在はすべて cp932 が設定されています。 cp932 というのは Shift_JIS を拡張した文字コードで Windows で使用されている文字コードです。

character_set_client     cp932
character_set_connection cp932
character_set_results    cp932

コマンドプロンプトで使用される文字コードではデフォルトで cp932 ですので、この設定のままで問題ありません。

文字コードを変更する場合

もし、コマンドプロンプトで使用する文字コードを UTF-8 などに変更した場合には my.ini ファイルの [mysql] グループで default-character-set に文字コードを設定します。

※ コマンドプロンプトで使用する文字コードを変更する手順は「文字コードの設定(CHCP)」を参照されてください。

[mariadbd]
datadir=C:/Program Files/MariaDB 10.6/data
port=3306
innodb_buffer_pool_size=2035M
character-set-server=utf8
[client]
port=3306
plugin-dir=C:/Program Files/MariaDB 10.6/lib/plugin
[mariadb-client]
default-character-set=utf8

設定ファイルを保存し MariaDB サーバを再起動してください。その後で改めて MariaDB コマンドラインツールを起動して文字コードに関する情報を取得してみます。

show variables like "chara%";

クライアント側に関する文字コード(2)

設定を変更したことにより、次の 3 つの値が変更されました。

character_set_client     utf8mb3
character_set_connection utf8mb3
character_set_results    utf8mb3

※ 現在 utf8 は utf8mb3 のエイリアスになっています。

このようにクライアント側で使用する文字コードを変更するには my.ini ファイルの default-character-set に文字コードを設定してください。

サーバ側に関する文字コード

サーバ側に関する文字コードの設定は、データベースを作成した時に使用されるデフォルトの文字コードを設定することです。

現在の設定を確認するには、コマンドプロンプトから MariaDB コマンドラインツールを起動し次のようにコマンドを実行してください。

show variables like "chara%";

サーバ側に関する文字コード(1)

この中でサーバ側に関係する項目は次の 2 つです。

character_set_database
デフォルトデータベースで使用される文字コード。USE コマンドでデータベースに接続するたびに変更される

character_set_server
データベース作成時にデフォルトで使用される文字コード

現在はどちらも utf8mb3 が設定されています。

character_set_database   utf8mb3
character_set_server     utf8mb3

これは my.ini ファイルの [mariadbd] グループで次の設定があるためです。

[mariadbd]
datadir=C:/Program Files/MariaDB 10.6/data
port=3306
innodb_buffer_pool_size=2035M
character-set-server=utf8

※ 現在 utf8 は utf8mb3 のエイリアスになっています。

今後 utf8mb3 ではなく utf8mb4 が使用されるようになっていきますので、設定を次のように変更します。

[mariadbd]
datadir=C:/Program Files/MariaDB 10.6/data
port=3306
innodb_buffer_pool_size=2035M
character-set-server=utf8mb4

設定ファイルを保存し MariaDB サーバを再起動してください。その後で改めて MariaDB コマンドラインツールを起動して文字コードに関する情報を取得してみます。

show variables like "chara%";

サーバ側に関する文字コード(2)

設定を変更したことにより、次の 2 つの値が変更されました。

character_set_database   utf8mb4
character_set_server     utf8mb4

このようにサーバ側で使用する文字コードを変更するには my.ini ファイルの character-set-server に文字コードを設定してください。

今回使用する文字コードに関する設定

今回クライアント側であるコマンドプロンプトは cp932 の文字コードのまま使用するので、 default-character-set は cp932 に設定します。またサーバ側でデータベースを作成する時のデフォルトの文字コードは utf8mb4 を使用するので character-set-server は utf8mb4 に設定します。最終的に my.ini ファイルを次のように設定しました。

[mariadbd]
datadir=C:/Program Files/MariaDB 10.6/data
port=3306
innodb_buffer_pool_size=2035M
character-set-server=utf8mb4
[client]
port=3306
plugin-dir=C:/Program Files/MariaDB 10.6/lib/plugin
[mariadb-client]
default-character-set=cp932

MySQLで設定可能な文字コードの一覧

MariaDB で設定可能な文字コードの一覧は MariaDB コマンドラインツールから次のように実行することで取得できます。

show character set;

MySQLで設定可能な文字コードの一覧(1)

CharsetDescription Default collationMaxlen
big5Big5 Traditional Chinesebig5_chinese_ci2
dec8DEC West Europeandec8_swedish_ci1
cp850DOS West Europeancp850_general_ci1
hp8HP West Europeanhp8_english_ci1
koi8rKOI8-R Relcom Russiankoi8r_general_ci1
latin1cp1252 West Europeanlatin1_swedish_ci1
latin2ISO 8859-2 Central Europeanlatin2_general_ci1
swe77bit Swedishswe7_swedish_ci1
asciiUS ASCIIascii_general_ci1
ujisEUC-JP Japaneseujis_japanese_ci3
sjisShift-JIS Japanesesjis_japanese_ci2
hebrewISO 8859-8 Hebrewhebrew_general_ci1
tis620TIS620 Thaitis620_thai_ci1
euckrEUC-KR Koreaneuckr_korean_ci2
koi8uKOI8-U Ukrainiankoi8u_general_ci1
gb2312GB2312 Simplified Chinesegb2312_chinese_ci2
greekISO 8859-7 Greekgreek_general_ci1
cp1250Windows Central Europeancp1250_general_ci1
gbkGBK Simplified Chinesegbk_chinese_ci2
latin5ISO 8859-9 Turkishlatin5_turkish_ci1
armscii8ARMSCII-8 Armenianarmscii8_general_ci1
utf8mb3UTF-8 Unicodeutf8mb3_general_ci3
ucs2UCS-2 Unicodeucs2_general_ci2
cp866DOS Russiancp866_general_ci1
keybcs2DOS Kamenicky Czech-Slovakkeybcs2_general_ci1
macceMac Central Europeanmacce_general_ci1
macromanMac West Europeanmacroman_general_ci1
cp852DOS Central Europeancp852_general_ci1
latin7ISO 8859-13 Balticlatin7_general_ci1
utf8mb4UTF-8 Unicodeutf8mb4_general_ci4
cp1251Windows Cyrilliccp1251_general_ci1
utf16UTF-16 Unicodeutf16_general_ci4
utf16leUTF-16LE Unicodeutf16le_general_ci4
cp1256Windows Arabiccp1256_general_ci1
cp1257Windows Balticcp1257_general_ci1
utf32UTF-32 Unicodeutf32_general_ci4
binaryBinary pseudo charsetbinary1
geostd8GEOSTD8 Georgiangeostd8_general_ci1
cp932SJIS for Windows Japanesecp932_japanese_ci2
eucjpmsUJIS for Windows Japaneseeucjpms_japanese_ci3

文字コードは Charset の列に記載されている値を指定して下さい。

-- --

MariaDB の設定ファイルに対してサーバ側およびクライアント側で文字コードに関する設定を記述する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

参考になりましたらシェアをお願いします
関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。