MySQLコマンドラインツールの起動

広告
eyecatch

コマンドラインから MySQL に接続して操作を行うには MySQL モニタを使います。ここではコマンドプロンプトから MySQL モニタを起動する方法、そして MySQL モニタを終了する方法について解説します。

MySQLモニタを起動する

MySQL モニタはコマンドラインベースで MySQL に接続したりデータを取得したりすることが出来るツールです。 Windows環境から MySQL モニタを起動するにはコマンドプロンプトから行います。

最初にコマンドプロンプトを起動してください。(コマンドプロンプトの起動方法については「コマンドプロンプトを起動する」を参照されてください)。

MySQLモニタを起動する(1)

MySQL モニタを起動するにはコマンドプロンプトから次のように実行してください。(ユーザー名とパスワードに関する解説は「MySQLに接続するユーザー名とパスワードの指定」を参照されてください)。

mysql -u root -p

MySQLモニタを起動する(2)

するとパスワードの入力画面が表示されます。

MySQLモニタを起動する(2)

MySQL をインストールする時に指定した root ユーザーのパスワードを入力して[Enter]キーを押してください。

MySQLモニタを起動する(3)

MySQL モニタが起動し、 MySQL に接続します。

MySQLモニタを起動する(4)

ここから新しいデータベースを作成したり、格納済のデータを SELECT 文を使って取得したりすることができます。

MySQLモニタを終了する

MySQL モニタを終了するには quit (または exit )と実行してください。

quit

MySQLモニタを終了する(1)

MySQL モニタが終了し、 MySQL との接続も切れます。

mysqlコマンドのオプションについて

MySQL モニタを起動するために使用する mysql コマンドの書式は次のようになっています。

mysql [OPTIONS] [database]

コマンドを実行する時にオプションを指定することができます。先ほどは -u オプションや -p オプションを使用しましたが、他にも数多くのオプションが用意されています。オプションについて詳しく知りたい場合は、コマンドプロンプトから mysql -? と実行してください。

mysql -?

mysqlコマンドのオプションについて(1)

使用可能なオプションと使い方に関する説明が表示されます。必要に応じて参照されてみてください。

-- --

MySQL モニタの起動と終了について解説しました。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。