SQL文の実行

広告

MySQLコマンドラインツールを使ってSQL文を実行する方法を確認します。

まずはMySQLコマンドラインツールを起動して下さい。

p5-1

次のようなプロンプトが表示されます。

mysql>

SQL文を入力する時は次のように行います。

mysql> SQL文;
mysql> SQL文¥g

SQL文を入力する時は最後にセミコロン(;)または¥Gを入力した後でEnterキーを押して実行して下さい。SQL文が実行されます。

では次のように入力した後でEnterキーを押して下さい。

mysql> select * from sampledb.goods;

p5-2

SQL文がMySQLサーバへ送信され、結果を取得して表示しています。(なお、上記のように表示されるのは事前にテスト用のデータベースを作成し、テスト用のテーブルを追加してからデータをテーブルに追加してあるからです)。

セミコロンの代わりに¥gを最後につけた場合でも同じ結果となります。

mysql> select * from sampledb.goods¥g

p5-3

SQL文の分割入力

SQL文は最後にセミコロンまたは¥gが入力されるまでが一つの文として処理されます。その為、セミコロンや¥gを記述せずにEnterキーを押した場合、次のように表示され入力待ちとなります。

mysql> select * from sampledb.goods
    ->

p5-4

そこで残っているセミコロンなどを入力してEnterキーを押すとSQL文が完結し実行されます。

mysql> select * from sampledb.goods
    -> ;

p5-5

このようにSQL文は分割して入力してもまとめて1つの文として処理してくれます。この機能を利用し、長いSQL文を入力する時には途中でEnterキーを押して分割して入力することができます。

p5-6

p5-7

分割すると自動で空白などの区切り文字が入りますので、次の行の行頭で空白を入れる必要はありません。

ただしキーワードや識別子の途中で分割することはできません。

p5-8

上記のように分割してしまうと"sel ect * from sampledb.goods;"のように入力したのと同じ扱いになるためエラーとなります。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)