使用するデータベースを選択する(USE文)

広告
eyecatch

データベースを作成したあとでテーブルなどを作成するにはまずどのデータベースを使用するのかを USE 文を使って指定します。選択したデータベースはデフォルトデータベースとなります。ここでは USE 文を使って使用するデータベースを選択する手順について解説します。

USE文の使い方

作成済のデータベースの中から使用するデータベースを選択するには USE 文を使います。書式は次の通りです。

USE db_name

例えば mydb データベースを使用するには次のように実行します。

use mydb;

USE文の使い方(1)

使用するデータベースを選択すると、そのデータベースが現時点でのデフォルトのデータベースとなります。またいつでも USE 文を使って別のデータベースを使用することができます。

use sampledb;

USE文の使い方(2)

例えば CREATE TABLE 文でテーブルを作成すると、現在使用しているデータベースの中に作成されます。

USE文の使い方(3)

なお使用しているデータベースとは別のデータベースに作成されているテーブルのデータも、 データベース名.テーブル名 の形式で指定すればデータを取得することができます。

select * from データベース名.テーブル名;

使用しているデータベースを確認する

現在使用しているデータベースを確認するには database 関数を使用します。次のように実行して下さい。

select database();

MySQL モニタを起動した直後はまだ使用するデータベースを選択していないので database 関数の結果は NULL となります。

使用しているデータベースを確認する(1)

USE 文を使って使用するデータベースの選択が終わったあとで改めて実行してみると、現在使用しているデータベースを取得することができました。

select database();

使用しているデータベースを確認する(2)

現在使用しているデータベースを取得することができました。

mysqlコマンドの引数で使用するデータベースを指定する

MySQL モニタを起動するために mysql コマンドを実行しますが、引数に使用するデータベース名を指定することができます。

mysql -u root -p mydb

mysqlコマンドの引数で使用するデータベースを指定する(1)

-p のあとに空白をあけてデータベース名を指定してください。空白をあけずに入力するとパスワードと見なされます。

続いてパスワードを入力すると MySQL モニタが起動します。その後で database 関数を使って現在使用しているデータベースを確認してみます。

mysqlコマンドの引数で使用するデータベースを指定する(2)

mysql コマンドの引数で指定したデータベースが使用するデータベースとして設定されました。

-- --

使用するデータベースを選択する手順について解説しました。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。