NOW関数(CURRENT_TIMESTAMP, LOCALTIME, LOCALTIMESTAMP関数)

広告

NOW関数は現在の日時を'YYYY-MM-DD HH:MM:SS'の形式で返します。書式は次の通りです。

NOW()

またNOW関数の別名として次の3つが用意されています。

CURRENT_TIMESTAMP()
LOCALTIME()
LOCALTIMESTAMP()

結果を取得するだけであれば次のように実行して下さい。

mysql> SELECT NOW();

また関数の結果を数値と演算することによって数値として取得できます。

mysql> SELECT NOW()+0;

実際の結果はサンプルを参照して下さい。

サンプル

では実際に試してみます。

p3-1

p3-2

文字列の場合は'2009-10-21 12:21:42'のように取得します。また数値の場合は20091021122238.000000のように取得します。

別名として用意されているCURRENT_TIMESTAMP関数やLOCALTIME関数を使っても同じ結果を取得できます。

p3-3

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)