文字セットと照合順序

広告
eyecatch

MySQL ではデータベース、テーブル、カラムのそれぞれに対して文字セットと照合順序を設定することができます。ここでは照合順序に関する簡単な説明と文字セット毎に指定可能な照合順序の一覧を確認する方法について解説します。

照合順序を選択する

MySQL で指定可能な文字セットの一覧については「MySQLで設定可能な文字セットの一覧」を参照されてください。

一覧の中から一部抜粋すると次のような文字セットがあります。

CharsetDescriptionDefault collationMaxlen
binaryBinary pseudo charsetbinary1
cp932SJIS for Windows Japanesecp932_japanese_ci2
eucjpmsUJIS for Windows Japaneseeucjpms_japanese_ci3
latin1cp1252 West Europeanlatin1_swedish_ci1
sjisShift-JIS Japanesesjis_japanese_ci2
ujisEUC-JP Japaneseujis_japanese_ci3
utf8UTF-8 Unicodeutf8_general_ci3
utf8mb4UTF-8 Unicodeutf8mb4_0900_ai_ci4

MySQL では文字セット毎にデフォルトの照合順序が設定されています。照合順序というのは値を並び替えする時のルールです。大文字と小文字を区別するかどうかやバイナリで比較するかどうかなどです。文字セット毎に複数の照合順序が用意されており、データベースやテーブルを作成する時に文字セットといっしょに照合順序を指定することができます。

データベースなどを作成する時に文字セットだけ指定して照合順序を指定しなかった場合はデフォルトの照合順序が適用されます。デフォルトの照合順序は先ほどの表の Default collation の列に記載されており、例えば文字セットとして utfmb4 を使用する場合、デフォルトの照合順序は utf8mb4_0900_ai_ci です。

では文字セット毎にどのような照合順序が用意されているかを確認してみます。次のように入力することで取得できます。

show collation where charset = '文字コード';

最初に文字セットが cp932 の場合です。 2 個の照合順序が用意されていました。

show collation where charset = 'cp932';

照合順序とは(1)

次にに文字セットが utf8 の場合です。 28 個の照合順序が用意されていました。

show collation where charset = 'utf8';

照合順序とは(2)

なお照合順序の末尾に _ci や _bin などが付いていますがそれぞれ次のような意味を持ちます。

_ci   大文字と小文字を区別しない
_cs   大文字と小文字を区別する 
_bin  バイナリ比較を行う

目的に合わせて文字セットを選択するときに照合順序もあわせて選択されてください。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。