データを削除する(DELETE文)

広告
eyecatch

DELETE 文を使ってテーブルに格納されているデータを削除する方法について解説します。LIMIT 句を使って削除するデータの件数を制限する方法、および ORDER BY句を使って指定の方法でデータを並べ替えてから削除する方法もあわせて解説します。

データを削除する

テーブルに格納されているデータを削除するには DELETE 文を使います。書式は次の通りです。

DELETE FROM tbl_name [WHERE where_condition]

指定したテーブル名( table_reference )に格納されているデータを削除します。 WHERE 句を指定しなければテーブルに格納されているすべてのデータが削除されます。特定のデータのカラムの値だけを更新したい場合は WHERE 句を指定してください。

[例] id カラムの値が 10 のデータを削除する
DELETE FROM mytbl WHERE id = 10;

[例]全てのデータを削除する
DELETE FROM mytbl;

なおテーブルのすべてのデータを削除するには TRUNCATE 文を使用することもできます。詳しくは「全てのデータを削除する(TRANCATE TABLE文)」を参照されてください。

-- --

それでは実際に試してみます。次のようなテーブルを作成しました。

create table accesslog (page varchar(20), type varchar(10), dt date);

データを削除する(1)

テーブルには次のようなデータを追加しました。

insert into accesslog values ('top.html', 'direct', '2019-05-02');
insert into accesslog values ('products.html', 'search', '2019-04-24');
insert into accesslog values ('shop.html', 'direct', '2019-05-04');
insert into accesslog values ('top.html', 'search', '2019-03-29');
insert into accesslog values ('corp.html', 'search', '2019-04-18');

データを削除する(2)

現在テーブルに格納されているデータを取得して確認しておきます。

データを削除する(3)

ではテーブルのデータを削除してみます。最初に type カラムの値が 'direct' のデータについて削除します。次のように実行してください。

delete from accesslog where type='direct';

データを削除する(4)

データの削除が完了しました。それではあらためてテーブルの値を取得してみます。

データを削除する(5)

type カラムの値が 'direct' のデータが削除されていることが確認できました。

-- --

次ににテーブルのすべてのデータを削除します。次のように実行してください。

delete from accesslog;

データを削除する(6)

データの削除が完了しました。それではあらためてテーブルの値を取得してみます。

データを削除する(7)

テーブルのすべてのデータが削除されていることが確認できました。

削除するデータの数を指定する(LIMIT句)

DELETE 文ではテーブルに格納されているすべてのデータか、 WHERE 句を設定した場合は条件に一致したすべてのデータを対象に削除を行いますが、一度の DELETE 文で削除するデータの数を LIMIT 句を使って指定することができます。次のような書式を使います。

DELETE FROM tbl_name [WHERE where_condition]
    LIMIT row_count

LIMIT のあとに一度に削除するデータ数の上限を記述します。たとえば上限を 3 に設定した場合、削除の対象となるデータが何件あったとしても、上から順に最大 3 件のデータだけが削除されます。

このあとで解説する ORDER BY 句と合わせて実際に試してみます。

降順または昇順に並び替えてから削除する(ORDER BY句)

DELETE 文でデータを削除するときに、指定したカラムの値を基準に昇順または降順に並び替えた後でデータを削除することができます。次のような書式を使います。

DELETE FROM tbl_name [WHERE where_condition]
    ORDER BY col_name [ASC | DESC]

ORDER BY のあとに記述となるカラム名を指定します。並べ替える方法は ASC を指定した場合は昇順、 DESC を指定した場合は降順で並べ替えを行います。省略した場合は昇順です。

※ あくまで削除を行う時に並べ替えを行うだけで、実際に格納されているデータを並べ替えて格納するわけではありません。

-- --

それでは実際に試してみます。次のようなテーブルを作成しました。

create table accesslog (page varchar(20), type varchar(10), dt date);

LIMIT句およびORDER BY句を使った削除(1)

テーブルには次のようなデータを追加しました。

insert into accesslog values ('top.html', 'direct', '2019-05-02');
insert into accesslog values ('products.html', 'search', '2019-04-24');
insert into accesslog values ('shop.html', 'direct', '2019-05-04');
insert into accesslog values ('top.html', 'search', '2019-03-29');
insert into accesslog values ('corp.html', 'search', '2019-04-18');

LIMIT句およびORDER BY句を使った削除(2)

現在テーブルに格納されているデータを取得して確認しておきます。

LIMIT句およびORDER BY句を使った削除(3)

ではテーブルのデータを削除してみます。テーブルを dt カラムの値を対象に昇順に並べ替えたうえでデータを削除します。削除するデータの上限は 3 件です。次のように実行してください。

delete from accesslog order by dt asc limit 3;

LIMIT句およびORDER BY句を使った削除(4)

データの削除が完了しました。それではあらためてテーブルの値を取得してみます。

LIMIT句およびORDER BY句を使った削除(5)

dt カラムの値が古い日付のものから順に 3 件のデータについてデータが削除されていることが確認できました。

-- --

DELETE 文を使ってデータの削除を行う方法について解説しました。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。