MySQL 8.0.11のインストール

広告

ダウンロードしたMySQLをインストールする手順について解説します。インストールが完了すると続いてMySQLの初期設定が行われます。

前のページでMySQLをダウンロードしました。ダウンロードしたファイル名は「mysql-installer-community-8.0.11.0.msi」でインストールパッケージファイルとなっています。それではファイルをダブルクリックして下さい。インストールが開始されます。最初はライセンスの確認です。

p2-1

よく読んで頂き、同意できる場合に「I accept the license terms」の左側にあるチェックボックスをチェックして下さい。その後で「Next」をクリックして下さい。

p2-2

何をインストールするのかを選択します。どのタイプを選択すると何の製品がインストールされるのかは画面右側に表示されます。

p2-3

今回はインストールディレクトリの指定とインストールする製品を選びたかったので「Custom」を選択しました。選択が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-4

インストールする製品を選択する画面が表示されます。画面左側に並んでいる製品一覧の中からインストールしたいものを右側へ移動して下さい。

p2-5

選択が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-6

製品をインストールするディレクトリとデータを保存するディレクトリを指定します。デフォルトのままでも構いません。今回はインストールするディレクトリだけ変更しました。設定が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-7

最終確認です。このままインストールしてよければ「Execute」をクリックして下さい。インストールが開始されます。

p2-8

最終的に次のような画面が表示されればインストールは完了です。続いて初期設定を行いますので「Next」をクリックして下さい。

p2-9

インストールしたMySQLの初期設定を行います。「Next」ボタンをクリックして下さい。

p2-10

MySQL InnoDB Clusterを利用するかどうかの選択です。今回は単独でMySQLを利用しますので「Standalone MySQL Server/Classic MySQL Replication」を選択しました。「Next」ボタンをクリックして下さい。

p2-11

コンフィギュレーションタイプとMySQLとの通信に関する設定画面が表示されます。

p2-12

コンフィギュレーションタイプの設定は「Development Machine」「Server Machine」「Dedicated Machine」の3つから選択します。今回は開発用に使用しますので「Development Machine」を選択しました。

MySQLとの通信手段としてTCP/IPでの接続の可否と、可の場合のポート番号を指定します。ポート番号はデフォルトの3306のままで構いませんが、既に他のアプリケーションで使用している場合などは変更して下さい。今回はデフォルトのままとしました。設定が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-13

続いて認証方式の選択です。MySQL 8ではアカウント認証でより安全な暗号化パスワードの方式が利用可能なようです。インストール後、設定で以前の方式も利用可能なようですので新しい方式の「Use Strong Password Encryption for Authentication」を選択しました。選択が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-14

続いてrootアカウントのパスワードの設定とユーザー追加の為の画面が表示されます。管理者アカウントであるrootアカウントのパスワードを設定して下さい。確認のために2か所に同じパスワードを入力して下さい。管理者以外のユーザーアカウントはここでは作成しません(後から追加できます)。設定が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-15

MySQLをWindowsのサービスとして動かすかどうかの設定画面が表示されます。サービスとして動かす場合には「Start the MySQL Server at System Startup」にチェックを行いサービス名を入力して下さい。今回はチェックを行いサービス名はデフォルトで設定されていた「MySQL80」のままとしました。

またサービスを動かすWindowsのユーザー名を選択します。特定のユーザーで動かしたい場合には「Custom User」を選択して下さい。今回はデフォルトのままとしました。設定が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

p2-16

MySQLをドキュメントストアとして利用するかどうかの選択です。利用する場合は「Enabled X Protocol / MySQL as a Document Store」にチェックをして下さい。今回はチェックを行いました。設定が終わりましたら「Next」をクリックしました。

p2-17

最終確認画面です。よろしければ「Execute」をクリックして下さい。

p2-18

下記の画面が表示されれば初期設定は完了です。「Finish」をクリックして下さい。

p2-19

MySQL Routerやサンプルをインストールしている場合は続いて他の製品の初期設定を行います。今回はMySQL Serverだけなので設定はこれで終わりです。「Next」をクリックして下さい。

p2-20

次のように表示されれば初期設定も完了です。

p2-21

-- --

MySQLのインストール、および初期設定の手順について解説しました。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)