MySQL Community Server 8.0.15のインストール

広告
eyecatch

ダウンロードした MySQL Community Server 8.0.15 をインストールする手順について解説します。今回は Windows10(64bit) の環境にインストールを行います。インストールが完了すると続いて MySQL の初期設定が行われます。

※ ダウンロードの方法については「MySQL Community Server 8.0.15のダウンロード」を参照してください。

MySQLのインストール

ダウンロードしたファイル名は mysql-installer-community-8.0.15.0.msi でインストールパッケージファイルとなっています。それではファイルをダブルクリックして下さい。インストールが開始されます。

MySQLのインストール(1)

最初はライセンスの確認です。よく読んで頂き、同意できる場合に I accept the license terms の左側にあるチェックボックスをチェックして下さい。その後で「Next」をクリックして下さい。

MySQLのインストール(2)

MySQL のインストールタイプを選択します。どのタイプを選択すると何がインストールされるのかは画面右側に表示されます。

MySQLのインストール(3)

今回は Developer Default を選択しました。選択が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

MySQLのインストール(4)

次の 2 つについては必要なファイルなどがないためインストールされませんと表示されています。今回は問題ないので「Next」をクリックしました。

MySQLのインストール(5)

確認画面が表示されます。「Yes」をクリックしてください。

MySQLのインストール(6)

最終確認です。このままインストールしてよければ「Execute」をクリックして下さい。インストールが開始されます。

MySQLのインストール(7)

最終的に次のような画面が表示されればインストールは完了です。続いて初期設定を行いますので「Next」をクリックして下さい。

MySQLのインストール(8)

MySQLの初期設定

インストールした MySQL の初期設定を行います。「Next」ボタンをクリックして下さい。

MySQLの初期設定(1)

MySQL InnoDB Clusterを 利用するかどうかの選択です。今回は単独で MySQL を利用しますので Standalone MySQL Server/Classic MySQL Replication を選択しました。「Next」ボタンをクリックして下さい。

MySQLの初期設定(2)

コンフィギュレーションタイプと MySQL との通信に関する設定画面が表示されます。

MySQLの初期設定(3)

コンフィギュレーションタイプの設定は Development Computer 、 Server Computer 、 Dedicated Computer の3つから選択します。今回は開発用に使用しますので Development Computer を選択しました。

MySQL との通信手段として TCP/IP での接続の可否と、可の場合のポート番号を指定します。ポート番号はデフォルトの 3306 のままで構いませんが、既に他のアプリケーションで使用している場合などは変更して下さい。今回はデフォルトのままとしました。また MySQL X Protocol で使用するポート番号も変更できますがこちらもデフォルトのままとしました。設定が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(4)

続いて認証方式の選択です。 MySQL 8 ではアカウント認証でより安全な暗号化パスワードの方式が利用可能なようです。インストール後、設定で以前の方式も利用可能なようですので新しい方式の Use Strong Password Encryption for Authentication を選択しました。選択が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(5)

続いて root アカウントのパスワードの設定とユーザー追加の為の画面が表示されます。管理者アカウントである root アカウントのパスワードを設定して下さい。確認のために2か所に同じパスワードを入力して下さい。管理者以外のユーザーアカウントはここでは作成しません(後から追加できます)。設定が終わりましたら「Next」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(6)

MySQL を Windows のサービスとして動かすかどうかの設定画面が表示されます。今回はサービスの登録は手動で行いますので Configure MySQL Server as a Windows Service のチェックを外しました。その後で「Next」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(7)

最終確認画面です。よろしければ「Execute」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(8)

下記の画面が表示されれば初期設定は完了です。「Finish」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(9)

続いて MySQL Router やサンプルをインストールしている場合は続いて他の製品の初期設定を行います。最初に MySQL Router の設定です。「Next」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(10)

MySQL Router の設定画面が表示されました。今回は特に設定を行わないので「Finish」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(11)

最後にサンプルの設定です。「Next」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(12)

次のような画面が表示されますので、 MySQL をインストールした時に設定した root ユーザーのパスワードを入力し「Check」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(13)

ログインに成功すると次のように表示されます。そのあとで「Next」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(14)

確認画面です。よろしければ「Execute」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(15)

下記の画面が表示されれば初期設定は完了です。「Finish」をクリックして下さい。

MySQLの初期設定(16)

すべてのインストールが完了しました。「Next」をクリックしてください。

MySQLの初期設定(17)

次のように表示されれば初期設定も完了です。

MySQLの初期設定(18)

-- --

MySQL のインストール、および初期設定の手順について解説しました。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。