my.iniファイルの設定内容を確認

広告
eyecatch

MySQL の設定ファイルである my.ini ファイルのデフォルトの設定内容を確認します。

my.iniファイルの内容

設定ファイル(my.ini)の作成と配置」で解説したように、現在 my.ini ファイルは C:¥ ドライブの直下に置いてあります。

my.iniファイルの内容(1)

my.ini ファイルはテキストファイルですのでテキストエディタで開いて内容を確認することができます。

my.iniファイルの内容(2)

my.ini ファイルは非常に長いのですが、一部分だけ抜粋して表示してみます。

#
# CLIENT SECTION
# ----------------------------------------------------------------------
#
# The following options will be read by MySQL client applications.
# Note that only client applications shipped by MySQL are guaranteed
# to read this section. If you want your own MySQL client program to
# honor these values, you need to specify it as an option during the
# MySQL client library initialization.
#
[client]

# pipe=

# socket=MYSQL

port=3306

[mysql]
no-beep

# default-character-set=

# SERVER SECTION
# ----------------------------------------------------------------------
#
# The following options will be read by the MySQL Server. Make sure that
# you have installed the server correctly (see above) so it reads this 
# file.
#
# server_type=3
[mysqld]

# The next three options are mutually exclusive to SERVER_PORT below.
# skip-networking
# enable-named-pipe
# shared-memory

# shared-memory-base-name=MYSQL

# The Pipe the MySQL Server will use
# socket=MYSQL

# The TCP/IP Port the MySQL Server will listen on
port=3306

# Path to installation directory. All paths are usually resolved relative to this.
# basedir="C:/Program Files/MySQL/MySQL Server 8.0/"

# Path to the database root
datadir=C:/ProgramData/MySQL/MySQL Server 8.0/Data

# The default character set that will be used when a new schema or table is
# created and no character set is defined
# character-set-server=

# The default authentication plugin to be used when connecting to the server
default_authentication_plugin=caching_sha2_password

# The default storage engine that will be used when create new tables when
default-storage-engine=INNODB

# Set the SQL mode to strict
sql-mode="STRICT_TRANS_TABLES,NO_ENGINE_SUBSTITUTION"

大きく分けて CLIENT SECTION と SERVER SECTION に分かれています。

CLIENT SECTION

CLIENT SECTION はオプションファイルを参照するクライアントが利用する部分です。例えば MySQL モニタは my.ini ファイルを読み込んで利用します。

[client]

# pipe=

# socket=MYSQL

port=3306

[mysql]
no-beep

# default-character-set=

CLIENT SECTION の中でも [client] と書かれた部分は全てのクライアントが利用するオプションです。現在設定されているのは port=3306 だけです。クライアントから MySQL サーバへの接続に使用するポート番号として 3306 を使用する設定となっています。

もう一つの [mysql] は MySQL モニタである mysql だけが参照するオプションです。現在は no-beep のみ設定されています。

今後クライアント共通のオプションについては [clien] の後に記述し、 MySQL モニタに関係するオプションについては [mysql] の後に記述して下さい。

SERVER SECTION

SERVER SECTION は MySQL サーバが利用する部分です。

[mysqld]

# The next three options are mutually exclusive to SERVER_PORT below.
# skip-networking
# enable-named-pipe
# shared-memory

# shared-memory-base-name=MYSQL

# The Pipe the MySQL Server will use
# socket=MYSQL

# The TCP/IP Port the MySQL Server will listen on
port=3306

# Path to installation directory. All paths are usually resolved relative to this.
# basedir="C:/Program Files/MySQL/MySQL Server 8.0/"

# Path to the database root
datadir=C:/ProgramData/MySQL/MySQL Server 8.0/Data

# The default character set that will be used when a new schema or table is
# created and no character set is defined
# character-set-server=

# The default authentication plugin to be used when connecting to the server
default_authentication_plugin=caching_sha2_password

# The default storage engine that will be used when create new tables when
default-storage-engine=INNODB

# Set the SQL mode to strict
sql-mode="STRICT_TRANS_TABLES,NO_ENGINE_SUBSTITUTION"

現在設定されているのはポート番号の設定である port=3306 、データを配置するディレクトリの設定である datadir=ディレクトリ 、デフォルトストレージエンジンの設定である default-storage-engine=INNODB などです。

今後 MySQL サーバに関するオプションについては [mysqld] の後に記述して下さい。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。