現在の設定内容の確認

広告

MySQLのインストール時にコンフィギュレーションファイルの作成を選択しているとインストールディレクトリの中に「my.ini」ファイルを作成しオプションの記述が行われます。では「my.ini」ファイルの中身を確認してみます。

p2-1

※もし存在していなければテキストファイルで作成して下さい。インストールディレクトリの中にいくつかある「my-xxxx.ini」をテンプレートとして、コピーして名前をmy.iniに変更した上で作成することもできます。

オプションファイルは非常に長いのですが、「#」で始まる文はコメントですので一部を除いて削除して表示します。

# CLIENT SECTION
# ----------------------------------------------------------------------
[client]
port=3306

[mysql]
default-character-set=utf8

# SERVER SECTION
# ----------------------------------------------------------------------
[mysqld]
port=3306
basedir="d:/MySQL/MySQL Server 5.1/"
datadir="d:/MySQL/MySQL Server 5.1/data/"
default-character-set=utf8
default-storage-engine=INNODB
sql-mode="STRICT_TRANS_TABLES,NO_AUTO_CREATE_USER,NO_ENGINE_SUBSTITUTION"
max_connections=100
query_cache_size=0
table_cache=256
tmp_table_size=9M
thread_cache_size=8

#*** MyISAM Specific options
myisam_max_sort_file_size=100G
myisam_sort_buffer_size=17M
key_buffer_size=10M
read_buffer_size=64K
read_rnd_buffer_size=256K
sort_buffer_size=256K

#*** INNODB Specific options ***
innodb_additional_mem_pool_size=2M
innodb_flush_log_at_trx_commit=1
innodb_log_buffer_size=1M
innodb_buffer_pool_size=17M
innodb_log_file_size=10M
innodb_thread_concurrency=8

大きく分けて「CLIENT SECTION」と「SERVER SECTION」に分かれています。

CLIENT SECTION

「CLIENT SECTION」はオプションファイルを参照するクライアントが利用する部分です。例えばMySQLコマンドラインツールはオプションファイルを読み込んで利用します。

# CLIENT SECTION
# ----------------------------------------------------------------------
[client]
port=3306

[mysql]
default-character-set=utf8

CLIENT SECTIONの中でも[client]と書かれた部分は全てのクライアントが利用するオプションです。現在設定されているのは「port=3306」ですのでクライアントからMySQLサーバへの接続に使用するポート番号として3306を使用する設定となっています。

もう一つの[mysql]はMySQLコマンドラインツールである「mysql」だけが参照するオプションです。現在設定されているのは「default-character-set=utf8」ですので使用するデフォルトの文字コートをUTF-8に設定しています。

今後クライアント共通のオプションについては[clien]の後に記述し、MySQLコマンドラインツールだけに関係するオプションについては[mysql]の後に記述して下さい。

SERVER SECTION

「SERVER SECTION」はMySQLサーバが利用する部分です。

# SERVER SECTION
# ----------------------------------------------------------------------
[mysqld]
port=3306
basedir="d:/MySQL/MySQL Server 5.1/"
datadir="d:/MySQL/MySQL Server 5.1/data/"
default-character-set=utf8
default-storage-engine=INNODB

#以下略

クライアントと同じく「port=3306」や「default-character-set=utf8」の他に「basedir」はMySQLがインストールされているディレクトリ、「datadir」はデータベースのデータを格納するデータディレクトリ、「default-storage-engine」はデフォルトのストレージエンジンを設定しています。

※データディレクトリはデフォルトの値から変更しています。詳しくは「データディレクトリの変更」を参照して下さい。

今後MySQLサーバに関するオプションについては[mysqld]の後に記述して下さい。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)