内部結合

広告

内部結合はそれぞれのテーブルの指定した列の値が一致するデータだけを取得します。基本となる構文は次の通りです。

SELECT table_name.col_name, ... FROM tbl_name1
  INNER JOIN tbl_name2 ON table_name1.col_name1 = table_name2.col_name2;

結合の対象となるテーブルをFROMの後とINNER JOINの後に指定します。そしてそれぞのテーブルの結合するカラムをONの後にイコール(=)で結んで指定します。

内部結合ではそれぞれのテーブルの指定したカラムの値が同じものを1つのデータとして取得します。どちらかのテーブルにしか値が存在しないデータは取得されません。

※ MySQLではINNER JOINの代わりにCROSS JOINにONで結合規則を指定しても同じです。

テーブルの結合

具体的な例で見てみます。次のような2つのテーブルを用意しました。

goods :

codecateidname
B0011旅行に行こう
D0012地球の歴史
F0013栗きんとん
D0022宇宙旅行
F0023ロールケーキ
D0032七人の勇者
B0021三国志
S0015表計算ソフト
B0031趣味と実益

cate :

idname
1和書
2DVD
3食品
4家電

内部結合を行うには、2つのテーブルで結合の対象となるカラムを指定します。例えば次のように指定します。

SELECT * FROM goods INNER JOIN cate ON goods.cateid = cate.id;

上記の場合、「goods」テーブルの「cateid」カラムと「cate」テーブルの「id」カラムを使って結合します。

データの取得

データの取得は次のように行われます。

まず「goods」テーブルの最初のデータの「cateid」カラムの値に対して、「cate」テーブルの「id」カラムの中に同じ値があるかどうかを調べます。存在した場合は「goods」テーブルのデータと「cate」テーブルの一致したデータと結合させてまとめて一つのデータとして取得します。

codecateidnameidname
B0011旅行に行こう1和書

同じように「goods」テーブルのデータを順に結合を行っていきます。もし「goods」テーブルの「cateid」カラムの値が「cate」テーブルの「id」カラムの値の中に一致するものがなかった場合はデータを取得しません。今回の場合であれば「cateid」カラムの値が5のデータは「cate」テーブルの「id」カラムの中に一致するものありませんので取得されません。

codecateidnameidname
B0011旅行に行こう1和書
D0012地球の歴史2DVD
F0013栗きんとん3食品
D0022宇宙旅行2DVD
F0023ロールケーキ3食品
D0032七人の勇者2DVD
B0021三国志1和書
B0031趣味と実益1和書

結合されたデータの中から必要なカラムを指定してデータを取得します。

取得するカラムの指定方法

結合された全データの中で、どのカラムを取得するかはSELECT文の後ろで指定します。カラムは「テーブル名.カラム名」の形式で指定して下さい。例えば「goods」テーブルの「code」カラムと「cate」テーブルの「name」カラムの値を取得するには次のように記述します。

SELECT goods.code, goods.name, cate.name FROM goods 
  INNER JOIN cate ON goods.cateid = cate.id;

どちらかのテーブルにしか存在しないカラムを指定する場合はテーブル名を省略できます。例えば「goods」テーブルの「code」カラムを取得したい場合、「cate」テーブルには「code」カラムは存在しませんので単に「code」と記載できます。それに対して「goods」テーブルの「name」カラムを取得したい場合には「cate」テーブルにも「name」カラムが存在するので必ずテーブル名を付けて「goods.name」と指定する必要があります。

SELECT code, goods.name, cate.name FROM goods 
  INNER JOIN cate ON goods.cateid = cate.id;

上記のSQL文で実際に取得できるデータは次の通りです。

codenamename
B001旅行に行こう和書
D001地球の歴史DVD
F001栗きんとん食品
D002宇宙旅行DVD
F002ロールケーキ食品
D003七人の勇者DVD
B002三国志和書
B003趣味と実益和書

複数のデータでカラムの値が一致する場合

では同じテーブルを対象にした内部結合であってもテーブルの指定を入れ替えてデータを取得してみます。

SELECT * FROM cate INNER JOIN goods ON  cate.id = goods.cateid;

まず「cate」テーブルの最初のデータの「id」カラムの値に対して、「goods」テーブルの「cateid」カラムの中に同じ値があるかどうかを調べます。存在した場合は「cate」テーブルのデータと「goods」テーブルの一致したデータと結合させてまとめて一つのデータとして取得します。

今までと異なるのは「cate」テーブルの最初のデータの「id」カラムの値に一致するデータが「goods」テーブルには3つあるということです。この場合、それぞれのデータに対して結合が行われます。

idnamecodecateidname
1和書B0011旅行に行こう
1和書B0021三国志
1和書B0031趣味と実益

同じように「cate」テーブルのデータを順に結合を行っていきます。もし「cate」テーブルの「id」カラムの値が「goods」テーブルの「cateid」カラムの値の中に一致するものがなかった場合はデータを取得しません。今回の場合であれば「id」カラムの値が4のデータは「goods」テーブルの「cateid」カラムの中に一致するものありませんので取得されません。

idnamecodecateidname
1和書B0011旅行に行こう
1和書B0021三国志
1和書B0031趣味と実益
2DVDD0012地球の歴史
2DVDD0022宇宙旅行
2DVDD0032七人の勇者
3食品F0013栗きんとん
3食品F0023ロールケーキ

サンプル

実際に試してみます。まず次のようなテーブルを作成します。

mysql> create table goods (code varchar(5), cateid int, name varchar(10));
mysql> create table cate (id int, name varchar(10));

テーブルには次のようなデータを追加してあります。

p14-1

p14-2

「goods」テーブルの「cateid」カラムと「cate」テーブルの「id」カラムを内部結合してデータを取得します。

mysql> select * from goods inner join cate on goods.cateid = cate.id;

p14-3

必要なカラムだけを指定してデータを取得します。

mysql> select goods.code, goods.name, cate.name from goods
    -> inner join cate on goods.cateid = cate.id;

p14-4

取得したデータの2つの列が同じ名前になってしまっていますので別名を設定します。

mysql> select goods.code, goods.name, cate.name as category from goods
    -> inner join cate on goods.cateid = cate.id;

p14-5

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)