BIT型

広告
eyecatch

MySQL で利用可能なデータ型の中の1つである BIT 型の使い方について解説します。

BIT型について

BIT型はビット値を格納するために使われるデータ型です。

BIT(M)

M 保存できるビット数。 M は 1 から 64。

ビット値は値を 0 と 1 を使って表します。ビット数が 1 の場合 0 と 1 のどちらかとなり、ビット数が 2 の場合、00 01 10 11 のいずれかとなります。なお MySQL で ビット値を記述する場合、次の3通りのいずれかを使用します。

b'0110'
B'0110'
0b0110

ビット値はバイナリー型の文字列ですが、数値として扱う場合には 0 を加算して数値に変換するか、 CAST 関数を数値型に変換します。( CAST 関数は値を指定したデータ型に変更するためのもので、 UNSIGNED を指定した場合は UNSIGNED INTEGER 型に変換されます)。

b'0110'+0
CAST(b'0110' AS UNSIGNED);

それでは実際に試してみます。 BIT 型のカラムを持つテーブルを作成してみます。

create table bittest(val bit(6));

BIT型について(1)

値を格納します。

insert into bittest values(b'000001');
insert into bittest values(b'011101');
insert into bittest values(b'101010');

BIT型について(2)

バイナリー型の文字列なのでデータを取得して表示するために次のように取得してみました。

select bin(val), hex(val), val+0 from bittest;

BIT型について(3)

-- --

MySQL で利用可能なデータ型の中でBIT型の使い方について解説しました。

MySQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。