データの取得

広告

phpMyAdminを使ってテーブルに含まれるデータを取得する方法について解説します。まずはデータを取得するテーブルが含まれるデータベースを選択します。MySQLサーバに接続後、画面上部にある「データベース」メニューをクリックして下さい。

p1-1

データベースの管理画面が表示されます。

p1-2

データベースリストの中からデータを格納するテーブルが含まれるデータベースの名前をクリックして下さい。

p1-3

クリックしたデータベースに移動しテーブルの管理画面が表示されます。

p1-4

データベースに含まれるテーブルのリストが表示されています。そしてテーブル毎に現在含まれているデータの数が「行」の箇所に表示されています。

p1-5

上記の場合は"friend"テーブルにデータが2行含まれていることを表しています。

ではデータを取得してみます。対象のテーブルの「表示」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p1-6

テーブルのデータが取得されて画面に表示されます。

p1-7

実際に格納されているデータは次のとおりです。

p1-8

この時実行されているSQL文も表示されています。

SELECT * 
FROM  `friend` 
LIMIT 0 , 30

SQL文から分かる通り、デフォルトでは先頭から30行分だけデータを取得しています。

取得開始レコードとデータ数の指定

取得開始の行や取得するデータの数を変更する場合は下記の箇所で設定を行って下さい。

p1-9

例えば1行目のデータから5行のデータを取得する場合は次のように入力し「表示:」ボタンを押して下さい。

p1-10

今回はデータがもともと2行しかないので5行のデータを取得するように指定して1行分のデータしか表示されていませんが、開始を1行目からと指定したので最初の行は取得されていません。

p1-11

データを表示する方向

またデータを表示する方向についてデフォルトではデータ毎に1行表示(水平表示)していますが、データ毎に1列表示(垂直表示)することもできます。垂直表示する場合は次のようにモードで「垂直」を選択してから「表示:」ボタンを押して下さい。

p1-12

垂直表示した場合は次のように表示されます。

p1-13

phpMyAdminには任意のSQL文を発行して結果を表示する機能もあるのですが、今回の方法にてテーブルに含まれるデータを手軽に確認することができます。

phpMyAdminの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)