データの編集

広告

phpMyAdminを使ってテーブルに格納されているデータを編集する方法を確認します。この操作はデータの管理画面にて行ないます。「データの取得」ページを参考に、対象となるテーブルのデータ管理画面を表示して下さい。

p2-1

対象となるテーブルには次のデータが格納されています。

p2-2

登録されているデータの編集を行なうにはデータリストの画面で「編集」と書かれた箇所をクリックして下さい。

p2-3

対象のデータのカラム毎のデータが表示されます。

p2-4

修正したい箇所の値を直接編集して下さい。編集が終わりましたら「実行する」ボタンを押して下さい。

p2-5

データの編集が完了します。

p2-6

この時実行されているSQL文も表示されています。

UPDATE  `personal`.`friend` SET  `name` =  '木下' WHERE  `friend`.`id` =2;

UPDATE文によって"friend"テーブルの"id"カラムの値が2のデータの"name"カラムの値が"木下"に設定されています。

改めて表示されたデータ一覧を見るとデータが編集されていることが確認できます。

p2-7

なお「編集」ではなく「インライン編集」をクリックされると、画面遷移が行なわれずに同じ画面のまま編集を行なうことが出来ます。

p2-8

では試してみます。「インライン編集」をクリックして下さい。下記のように対象のデータがそのまま編集できる状態になります。

p2-9

編集を取りやめる場合は「×隠す」と書かれた箇所をクリックして下さい。変更した値で更新したい場合は「保存する」をクリックして下さい。今回は"name"カラムの値を変更した上で「保存する」ボタンを押しました。

p2-10

通常の更新の場合と同じくデータの編集が完了し変更を行なった値が新しい値に置き換わります。

p2-11

実際に実行されるSQL文に違いは無いと思われますので使いやすい方を使って下さい。

phpMyAdminの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)