データのコピー

広告

phpMyAdminを使ってテーブルに格納されているデータをコピーする方法を確認します。コピーを行なうと既存のデータと各カラムの値が同じ値を持つ新しいデータが作成されます。この操作はデータの管理画面にて行ないます。「データの取得」ページを参考に、対象となるテーブルのデータ管理画面を表示して下さい。

p3-1

対象となるテーブルには次のデータが格納されています。

p3-2

コピーを行なうにはデータリストの画面でコピーしたい元データの「コピー」と書かれた箇所をクリックして下さい。

p3-3

対象となったデータの各カラムの値がデフォルトで入ったデータの登録画面が表示されます。

p3-4

このまま「実行する」ボタンを押してもらえばまったく同じ値を持つデータが新規に登録されます。また特定のカラムの値だけをこの画面上で修正することもできます。今回は"id"カラムの値を変更して「実行する」ボタンを押しました。

p3-5

新しいデータがテーブルに追加されました。

p3-6

この時実行されているSQL文も表示されています。

INSERT INTO  `personal`.`friend` (
`id` ,
`name`
)
VALUES (
'3',  '伊藤'
);

追加するデータの値として既存のデータの値を利用しているだけで、内部で行なわれている処理は新規データを追加した場合と同じです。

p3-7

表示されたデータリストを見ると新しいデータが追加されていることが確認できます。このようにコピーを使うと既存のデータと同じ値を持つデータを簡単に新規データとして追加することが出来ます。

phpMyAdminの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )