phpMyAdminの環境保管領域を設定する

広告

phpMyAdminへログインした時に「phpMyAdmin 環境保管領域が完全に設定されていないため、いくつかの拡張機能が無効になっています」と表示される場合があります。ここではこのエラーが表示された場合の対処方法として環境保管領域を設定する手順について解説します。

それではphpMyAdminにログインして下さい。(ログイン方法については「phpMyAdminへのログイン」を参照されて下さい)。

p3-1

ログイン後、画面を下の方へスクロールしていくと画面下部に次のようなエラーメッセージが表示されています。

phpMyAdmin 環境保管領域が完全に設定されていないため、いくつかの拡張機能が無効になっています。理由についてはこちらをご覧ください。代わりにデータベースの操作タブを使って設定することもできます。

p3-2

環境保管領域を設定するには(1)設定の保存場所となるデータベースをMySQLに作成、(2)設定ファイルに必要な情報を設定、の2つを行ないます。

-- --

それでは最初に設定の保存場所となるデータベースを作成します。作成用のスクリプトが用意されています。phpMyAdminをインストールしたディレクトリの中の「sql」ディレクトリの中に用意されている「create_tables.sql」を使います。

p3-3

phpMyAdminの画面上部に表示されている「インポート」をクリックして下さい。

p3-4

「インポート」の画面が表示されます。

p3-5

「File to import」の中にある「ファイルを選択」をクリックし、先ほどの「create_tables.sql」を選択して下さい。

p3-6

p3-7

画面下部の「実行」をクリックして下さい。

p3-8

インポートが完了し、「phpMyAdmin」データベースが作成されました。

p3-9

p3-10

-- --

続いて「config.inc.php」ファイルの編集を行います。phpMyAdminをインストールしたディレクトリの中に用意されている「config.inc.php」ファイルをテキストエディタで開いて下さい。

p3-11

次のような記述があります。「//」が付いている行はコメント行として扱われています。

/* Storage database and tables */
// $cfg['Servers'][$i]['pmadb'] = 'phpmyadmin';
// $cfg['Servers'][$i]['bookmarktable'] = 'pma__bookmark';
// $cfg['Servers'][$i]['relation'] = 'pma__relation';
// $cfg['Servers'][$i]['table_info'] = 'pma__table_info';
// $cfg['Servers'][$i]['table_coords'] = 'pma__table_coords';
// $cfg['Servers'][$i]['pdf_pages'] = 'pma__pdf_pages';
// $cfg['Servers'][$i]['column_info'] = 'pma__column_info';
// $cfg['Servers'][$i]['history'] = 'pma__history';
// $cfg['Servers'][$i]['table_uiprefs'] = 'pma__table_uiprefs';
// $cfg['Servers'][$i]['tracking'] = 'pma__tracking';
// $cfg['Servers'][$i]['userconfig'] = 'pma__userconfig';
// $cfg['Servers'][$i]['recent'] = 'pma__recent';
// $cfg['Servers'][$i]['favorite'] = 'pma__favorite';
// $cfg['Servers'][$i]['users'] = 'pma__users';
// $cfg['Servers'][$i]['usergroups'] = 'pma__usergroups';
// $cfg['Servers'][$i]['navigationhiding'] = 'pma__navigationhiding';
// $cfg['Servers'][$i]['savedsearches'] = 'pma__savedsearches';
// $cfg['Servers'][$i]['central_columns'] = 'pma__central_columns';
// $cfg['Servers'][$i]['designer_settings'] = 'pma__designer_settings';
// $cfg['Servers'][$i]['export_templates'] = 'pma__export_templates';

各行の先頭に表示されている「//」を削除して下さい。

/* Storage database and tables */
$cfg['Servers'][$i]['pmadb'] = 'phpmyadmin';
$cfg['Servers'][$i]['bookmarktable'] = 'pma__bookmark';
$cfg['Servers'][$i]['relation'] = 'pma__relation';
$cfg['Servers'][$i]['table_info'] = 'pma__table_info';
$cfg['Servers'][$i]['table_coords'] = 'pma__table_coords';
$cfg['Servers'][$i]['pdf_pages'] = 'pma__pdf_pages';
$cfg['Servers'][$i]['column_info'] = 'pma__column_info';
$cfg['Servers'][$i]['history'] = 'pma__history';
$cfg['Servers'][$i]['table_uiprefs'] = 'pma__table_uiprefs';
$cfg['Servers'][$i]['tracking'] = 'pma__tracking';
$cfg['Servers'][$i]['userconfig'] = 'pma__userconfig';
$cfg['Servers'][$i]['recent'] = 'pma__recent';
$cfg['Servers'][$i]['favorite'] = 'pma__favorite';
$cfg['Servers'][$i]['users'] = 'pma__users';
$cfg['Servers'][$i]['usergroups'] = 'pma__usergroups';
$cfg['Servers'][$i]['navigationhiding'] = 'pma__navigationhiding';
$cfg['Servers'][$i]['savedsearches'] = 'pma__savedsearches';
$cfg['Servers'][$i]['central_columns'] = 'pma__central_columns';
$cfg['Servers'][$i]['designer_settings'] = 'pma__designer_settings';
$cfg['Servers'][$i]['export_templates'] = 'pma__export_templates';

ファイルを保存して閉じて下さい。これで設定は完了です。

-- --

それではあらためてphpMyAdminにログインして下さい。

p3-12

画面下部に表示されていたエラーメッセージが表示されなくなりました。

( Written by Tatsuo Ikura )