PostgreSQLへの接続と切断

広告
eyecatch

psql を使って PostgreSQL へ接続する方法、および PostgreSQL から切断する方法について解説します。

PostgreSQLへ接続する

psql はコマンドラインベースで PostgreSQL で作成済みのデータベースに接続したりテーブルからデータを取得したりすることが出来るツールです。 Windows環境から psql を利用するにはコマンドプロンプトから行います。

最初にコマンドプロンプトを起動してください。(コマンドプロンプトの起動方法については「コマンドプロンプトを起動する」を参照されてください)。

PostgreSQLへ接続する(1)

psql を使って PostgreSQL へ接続するには次のように実行します。(実際には PostgreSQL で作成済みの指定したータベースに接続します)。

psql -h ホスト名 -p ポート番号 -U ロール名 -d データベース名

ホスト名は PostgreSQL が起動しているホスト名または IP アドレスです。デフォルトの値が localhost となっていますので、ローカルホストで動いている PostgreSQL に接続する場合は省略できます。

ポート番号は使用するポート番号です。デフォルトの値が PostgreSQL のインストール時に設定した値(通常は 5432 )となっているので別のポート番号を使用するとき以外は省略できます。

ロール名は PostgreSQL をインストールした直後はスーパーユーザーである postgres ロールしか作成されていませんので -U postgres と指定してください。ロール名を省略した場合は OS のユーザー名が使用されます。

※ PostgreSQL では一般的にユーザーと呼ばれるものとグループと呼ばれるものをまとめてロールと呼んでいます。

データベース名には接続するデータベース名を指定します。省略した場合はロール名と同じ名前のデータベースに接続します。( postgres データベースは自動で作成されており、 postgres ロールで接続した場合は postgres データベースに接続します)。

すべて指定して PostgreSQL に接続する場合は次のようになります。

psql -h localhost -p 5432 -U postgres -d postgres

locahost の場合はホスト名の指定は省略でき、ポート番号も省略できます。またロール名と同じデーベースに接続する場合はデータベース名を省略できるので、次のように実行しても同じです。

psql -U postgres

それでは実際に実行してみます。

PostgreSQLへ接続する(2)

接続しようとしているロール名のログイン用パスワードの入力待ちとなります。 postgres ロールのパスワードは PostgreSQL のインストールの時に指定したものです。入力を行ってから最後に [Ener] キーを押してください。正しく入力できれば次のような画面が表示されます。

PostgreSQLへ接続する(3)

接続中は データベース名=# と表示されます。現在は postgres データベースに接続しているので posgres=# と表示されています。

psqlを終了してPostgreSQLから切断する

psql を終了して PostgreSQL から切断を行うには次のように実行してください。

¥q

psqlを終了してPostgreSQLから切断する(1)

psql が終了し、 PostgreSQL から切断されました。

-- --

psql を使って PostgreSQL へ接続する方法および PostgreSQL から切断する方法について解説しました。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。