既にあるデータベースの一覧表示

広告

まずは現時点でPostgreSQLで作成済みのデータベースの確認方法です。プロンプトの状態から「¥l」と入力するとデータベースの一覧を見ることができます。

例えばPostgreSQLのバージョンを出力する場合は下記のようになります。

¥l

実際に試した結果が下記となります。

データベース一覧の表示

現時点で3つのデータベースが存在していることが分かります。「Name」はデータベースの名前、「Owner」はデータベースの所有者、「Encoding」は文字コードです。

また既にあるデータベースの中で「template0」と「template1」は新規にデータベースを作成する際のテンプレートとなるものです。標準では「template1」データベースをテンプレートとして新規のデータベースが作成されます。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)