データベースを削除する(DROP DATABASE)

広告
eyecatch

DROP DATABASE コマンドを使って作成済みのデータベースを削除する方法について解説します。

データベースを削除する

作成済みのデータベースを削除するには DROP DATABASE コマンドを使用します。書式は次の通りです。

DROP DATABASE [ IF EXISTS ] name

削除するデータベース名( name )を指定してデータベースを削除します。

データベースを削除するにはコマンドを実行するロールがスーパーユーザーかデータベースの所有者である必要があります。またコマンドを実行しようとしているロールや他のロールが削除しようとするデータベースに接続している間は削除することができません。削除するデータベースとは別のデータベースに接続してから削除してください。(別のデータベースに接続する方法は「指定したデータベースへ接続する」を参照されてください)。

-- --

では実際に試して見ます。作成済みの mydb2 デーベースを削除します。次のように実行してください。

drop database mydb2;

データベースを削除する(1)

データベースが削除されました。

それではデータベースの一覧を表示して確認してみます。

¥l

データベースを削除する(2)

先ほど削除した mydb2 がデータベース一覧に表示されなくなっていることが確認できます。

-- --

接続しているデータベースを削除しようとした場合にどうなるのかを確認してみます。 mydb データベースへ接続してください。

¥c mydb

データベースを削除する(3)

mydb データベースへ接続している状態で mydb データベースを削除してみます。

drop database mydb;

次のように ERROR: 現在オープンしているデータベースを削除できません とエラーが表示されてデータベースの削除に失敗しました。

データベースを削除する(4)

このように現在接続しているデータベースを削除することはできません。

-- --

DROP DATABASE コマンドを使ってデータベースを削除する方法について解説しました。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。