データベースへの接続

広告

現在接続しているデータベースから他のデータベースへ接続する方法について見ていきます。「psql」起動時に「-d」オプションで接続するデータベースを指定することが出来ることは他のページで記述しましたが、既にデータベースに接続している状態で他のデータベースに接続しなおす場合には「¥connect」コマンドを使います。

¥connect database_name

又は「¥c」コマンドでも可能です。

¥c database_name

「¥c」は「¥connect」の省略形です。

では実際に試して見ます。

他のデータベースへ接続

上記のように「You are now connected to database "データベース名"」と表示されれば無事データベースへの接続が完了しています。

データベースが変更になるとプロンプトが変更になります。上記の場合で言えば「postgres=#」から「sample=#」に変更になっています。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)