WindowsサービスとしてPostgreSQLを開始または停止する

広告
eyecatch

PostgreSQL を Windows 環境へインストールした場合、自動的に Windows のサービスに登録されて起動された状態となっています。ここでは PostgreSQL が どのように Winodws サービスへ登録されているのかを確認し、 PostgreSQL を停止したり再び開始したりする方法について解説します。

Windowsサービスの一覧で確認する

最初に PostgreSQL が Windows サービスに登録されているかどうかを確認します。 Windowsサービスの一覧を表示するにはデスクトップ左下にあるスタートメニューを右クリックし、表示されたメニューの中から「コンピュータの管理」をクリックして下さい。

Windowsサービスの一覧で確認する(1)

「コンピュータの管理」画面が表示されます。左側メニューの中の「サービスとアプリケーション」の中にある「サービス」をクリックして下さい。

Windowsサービスの一覧で確認する(2)

「サービス」に関する情報が表示されます。(見にくいので「表示」メニューの中の「カスタマイズ」を選択し、「コンソールツリー」を非表示にしてます)。

Windowsサービスの一覧で確認する(3)

「名前」の欄が「postgresql-x64-11」と書かれた行を探してください。見つかりましたら「postgresql-x64-11」をダブルクリックしてください。

Windowsサービスの一覧で確認する(4)

Windows サービスとして登録されている PostgreSQL に関するプロパティが表示されます。

Windowsサービスの一覧で確認する(5)

このように表示されれば PostgreSQL は Windows サービスとして登録されています。

PostgreSQLサービスの停止と開始

「スタートアップの種類」が「自動」に設定されているので Windows が起動する時に自動的に PostgreSQL もサービスとして開始されるようになっています。もし手動で PostgreSQL の起動を行いたい場合は「スタートアップの種類」を「手動」に変更して下さい。

PostgreSQLサービスの停止と開始(1)

PostgreSQL を停止させたい場合は「サービスの状態」のところにある「停止」をクリックしてください。

PostgreSQLサービスの停止と開始(2)

停止した PostgreSQL を開始させたい場合は「サービスの状態」のところにある「開始」をクリックしてください。

PostgreSQLサービスの停止と開始(3)

また「実行ファイルのパス」を見てみるとどのように PostgreSQL が起動されているのかを確認することができます。

"C:¥pg¥PostgreSQL¥11¥bin¥pg_ctl.exe" runservice -N "postgresql-x64-11" -D "C:¥pg¥PostgreSQL¥11¥data" -w

-- --

PostgreSQL が Windows サービスにどのように登録されているのかを確認し、 Windows サービスとして PostgreSQL を開始または停止する手順について解説しました。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。