クエリの発行方法

広告

PostgreSQLでクエリを発行する場合は、クエリを入力後、最後にクエリの終わりを指定するためのセミコロン(;)を付けてリターンキーを押します。

例えばPostgreSQLのバージョンを出力する場合は下記のようになります。

select version();

クエリの発行方法

最後にセミコロン(;)が付いていることを確認してからリターンキーを押すと、下記のように結果が表示されます。

クエリの発行方法

クエリの分割入力

クエリーが長い場合などクエリーを区切って入力することができます。手順は下記のようになります。

まずクエリーの一部分だけを入力します。

クエリの分割入力

上記の状態でリターンキーを押すと、クエリーの最後を表すセミコロン(;)が無いため引き続き入力を促す状態となります。

クエリの分割入力

分かりにくいですけど、プロンプトが「(データベース名)=#」から「(データベース名)-#」になっている点に注意して下さい。

そこで引き続いてクエリーの残りの部分を入力します。

クエリの分割入力

上記の状態でリターンを押すと、最後にセミコロンが記載されているためクエリーが完成したと判断し、今まで入力した分を全て結合したクエリーの結果を表示します。

クエリの分割入力

一気に入力した場合も、分割して入力した場合も結果は当然同じです。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)