部分入力したクエリの確認とキャンセル

広告

前のページでクエリの部分入力の仕方を見ていきましたが、クエリを入力している途中でキャンセルしたい場合も出てきます。このような場合は「¥r」を入力することでキャンセルが出来ます。

実際に試してみます。まず途中までクエリを入力してみます。

クエリの途中キャンセル

後はセミコロン(;)を入力してリターンキーを押すだけですが、部分入力をキャンセルするために「¥r」を入力してリターンキーを押します。

クエリの途中キャンセル

上記のようにクエリがキャンセルされ、元のプロンプトに戻ります。

部分入力したクエリの内容の表示

途中まで入力されたクエリの内容を確認したい場合には「¥p」を入力します。

実際に試してみます。まず途中までクエリを入力してみます。

クエリの内容確認

ここまで入力されたクエリの内容を確認するためには「¥p」を入力してリターンキーを押します。

クエリの内容確認

上記のように、ここまで入力されたクエリの内容が表示されます。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)