権限の削除

広告

ロールに与えれている権限の削除を行います。権限の削除は、権限を与えた人しか行うことが出来ません(スーパーユーザーは可)。注意する点としては、ロールAがロールCに与えた権限と、ロールBがロールCに同じ権限を与えた場合、ロールAがロールCの権限を削除してもロールBがロールCに与えた権限は残っている点などです。権限を削除するにはREVOKEを使います。

REVOKE [GRANT OPTION FOR]
    {{SELECT | INSERT | UPDATE | DELETE | RULE | REFERENCES | TRIGGER}
    [,...] | ALL [PRIVILEGES]}
    ON [TABLE] tablename [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

REVOKE [GRANT OPTION FOR]
    {{CREATE | TEMPORARY | TEMP} [,...] | ALL [PRIVILEGES]}
    ON DATABASE dbname [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

REVOKE [GRANT OPTION FOR]
    {EXECUTE | ALL [PRIVILEGES]}
    ON FUNCTION funcname ([[argmode] [argname] argtype [, ...]]) [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

REVOKE [GRANT OPTION FOR]
    {USAGE | ALL [PRIVILEGES]}
    ON LANGUAGE langname [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

REVOKE [ GRANT OPTION FOR ]
    {{CREATE | USAGE} [,...] | ALL [PRIVILEGES]}
    ON SCHEMA schemaname [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

REVOKE [GRANT OPTION FOR]
    {CREATE | ALL [PRIVILEGES]}
    ON TABLESPACE tablespacename [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

REVOKE [ADMIN OPTION FOR]
    role [, ...]
    FROM {username | GROUP groupname | PUBLIC} [, ...]
    [CASCADE | RESTRICT]

GRANTの場合と似ています。基本は下記の通りです。

REVOKE 権限 ON 対象 FROM 誰から

GRANTとの違いは「誰に」が「誰から」になっているくらいです。「GRANT OPTION FOR」を付けて権限を付与された場合、権限そのものを削除するのではなく、権限を与える権利だけが削除されます。

また「CASCADE」と「RESTRICT」の違いですが、例えばロールAがロールBに権限(と権限を与える権限)を与え、ロールBがロールCに権限を与えた場合、ロールAはロールCの権限を取り消すことが出来ません(デフォルトで設定されている「RESTRICT」の場合)。ここで「CASCADE」を付けてロールAがロールBの権限を削除するとロールCの権限も合わせて削除することが出来ます。

実際の例としては下記のような感じです。

REVOKE SELECT, UPDATE, INSERT ON table_name FROM role_name;

権限の追加と確認のテスト

では試してみましょう。前のページで権限を与えた「testrole」ロールからDELETEの権限を削除してみます。

権限の削除

権限を与えた後に確認すると下記のように表示されます。

sample=# ¥z
                  Access privileges for database "sample"
 Schema | Name | Type  |                 Access privileges
--------+------+-------+---------------------------------------------------
 public | test | table | {postgres=arwdRxt/postgres,testrole=arw/postgres}
(1 row)

sample=#

「testrole=arwd/postgres」が「testrole=arw/postgres」になって「DELETE」の権限が消えていることが確認できます。

PostgreSQLの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)