データベースの軽量化

広告

データベースにデータを追加したり削除したりを繰り返しているとデータベースに使用されていない領域が残ってサイズが大きくなってしまうことがあります。そのような時に使われていない部分を取り除いてサイズを縮小化するとパフォーマンスが改善することがあります。ここではDB Browser for SQLiteを使ってSQLiteのデータベースを軽量化する方法について解説します。

それでは実際に試してみます。データベースの情報が保存されているファイルのサイズを見てみると現在次のようになっています。

p1-1

データベースを最適化して軽量化するには対象のデータベースに接続してから「File」メニューの中の「Compact Database」メニューをクリックして下さい。

p1-2

次のようなウィンドウが表示されますので、軽量化の対象とするものを選択して下さい。(「Shift」キーや「Ctrl」キーを押しながらクリックすることで複数の項目を同時に選択できます)。選択が終わりましたら「OK」ボタンをクリックして下さい。

p1-3

すぐに軽量化が実行されます。軽量化が行われても画面上では特に何か表示されるといったことはありません。

では改めてデータベースの情報が保存されているファイルのサイズを見てみます。

p1-4

軽量化する前とした後ではファイルサイズが小さくなっていることが確認できます。

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)