データベースのバックアップと削除

広告

SQLiteで作成したデータベースのファイルをコピーする方法でバックアップを行う方法、そしてデータベースを削除する方法について解説します。

1.データベースのバックアップ
2.データベースの削除

SQLiteではデータベース毎に1つのファイルを作成し、全ての情報はそのファイル内に格納されます。その為、特定のデータベースのバックアップを作成するには、そのデータベースで使用しているファイルを単にコピーするだけで行うことができます。

では実際に試してみます。現在「myfriend.sqlite3」データベースが作成されています。

p5-1

このデータベースに接続し、データベースの中に作成されているテーブルを確認すると「user」テーブルと「product」テーブルが作成されています。

p5-2

それでは「myfriend.sqlite3」ファイルをコピーして別の名前「friendback.sqlite3」として保存します。

p5-3

これで元のデータベースと同じデータベースが作成されました。ではバックアップとして作成された「friendback.sqlite3」データベースに接続し、「.table」コマンドを実行してデータベースの中に作成されているテーブル一覧を表示してみます。

p5-4

元のデータベースと同じテーブルが作成されていることが確認できました。簡単に確認しただけですが、データベースが複製されていることがお分かり頂けるかと思います。このようにSQLiteではデータベースのデータが格納されたファイルをコピーするだけでバックアップを作成することができます。

なおバックアップを行う方法としては「.bakcup」コマンドと「.restore」コマンドを使った「バックアップとレストア」も用意されています。

SQLiteではデータベース毎に1つのファイルで独立して管理していますので、データベースを削除したい場合は単にファイルを削除します。SQLite上から何かする必要はありません。

SQLite入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )