last_insert_rowid関数

広告

last_insert_rowid関数は最後に挿入した行のROWIDを取得するために使用します。書式は次の通りです。

last_insert_rowid()

ROWIDについては「ROWID」を参照して下さい。自動で設定されるユニークなIDのようなものです。最後に挿入された行のROWIDを取得できると、WHERE句を使い最後に挿入された行から情報を取得することなどができます。

具体的には次のように使用します。

select * from tablename where ROWID = last_insert_rowid();

最後に挿入された行の全てのカラムの値を取得しています。

サンプル

では実際に試してみます。

次のようなテーブルを対象とします。

p24-1

テーブルに定義したカラムに加えて行毎に割り当てられているROWIDも含めて値を取得してみます。

p24-2

では最後に挿入された行の値を取得してみます。

select * from personal where ROWID = last_insert_rowid();

p24-3

このようにlast_insert_rowid関数を使うことで、最後に挿入された行を簡単に特定することができます。

SQLite入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )