コマンドラインツールでSQL文やコマンドの入力方法

広告

SQLiteではコマンドラインツールを使ってデータベースを作成したりデータの取得といったことが可能です。ここではSQLiteのコマンドラインツールを使用するときにどのように入力すればいいのかについて解説します。

SQLiteのコマンドラインツールを起動するには、コマンドプロンプトから次のように実行して下さい。ツールが起動し引数に指定したデータベースに接続します。

sqlite3 データベース名

p1-1

コマンドラインツール上では、コマンドラインツールに関する設定を行うようなSQLiteコマンドなどを実行したり、任意のSQL文を実行することができます。

SQLiteコマンドの「.show」を実行してみます。コマンドであればコマンドに加えて必要に応じて引数を入力してEntereキーを押すと実行されます。

p1-2

今度は簡単なSQL文を実行してみます。SQL文であれば最後に「;」を入力されるまでが一つのSQL文として扱われますので、「;」まで入力を行ってからEnterキーを押す事で実行されます。

p1-3

SQL文では一つのSQL文が非常に長くなることがあります。全ての文を一度に入力しようとすると入力し難かったり、どこまで入力したか分かりにくい場合があります。

p1-4

このような場合、コマンドラインツールでは分割して入力することができます。途中まで入力した時点でEnterキーを押して下さい。

p1-5

SQL文は最後に「;」が現れるまでが一つの文として判断されます。「;」が入力されていない時点でEnterキーが押された場合は、まだ入力の途中だと判断され続けて入力を行うことができるようになります。

では残りの部分を入力していきます。先ほどと同じように適当なタイミングでEnterキーを押しています。

p1-6

なおEnterキーを押す時に空白を一つあけて入力する必要はありません。コマンドの途中でEnterキーを押すと自動的に前と後の文は別の単語として扱われます。

SQL文の場合は「;」が含まれる文が入力されてEnterが押された時点で文の入力が完了したと判断され、SQL文が実行されます。

p1-7

この結果は1行にまとめて入力した場合と同じです。

p1-8

まとめて入力しても分割して入力しても結果は同じなので場合に応じて使い分けて下さい。

SQLコマンドの場合は分割して入力することはできません。例えば「.mode」コマンドは引数を一つ指定しますが、引数を指定しない時点でEnterキーを押すとエラーとなります。

p1-9

SQLコマンドの場合は分割して入力を行わずに最後まで入力を行ってから実行して下さい。

p1-10

SQLiteのコマンドラインツールでSQL文やコマンドをどのように入力するのかについて解説いたしました。

SQLite入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)