SQLiteコマンドラインツールのテスト

広告
eyecatch

ダウンロードしたSQLiteのコマンドラインツールを実際に使ってみて動作するかどうかを確認してみます。

コマンドラインツールからデータベースとテーブルを作成する

コマンドプロンプトを起動して下さい。(コマンドプロンプトについては「コマンドプロンプトの使い方」を参照して下さい)。PATHを設定していませんので sqlite3.exe ファイルを設置した c:¥pg¥sqlite3 ディレクトリへ移動して下さい。

コマンドラインツールからデータベースとテーブルを作成する(1)

最初にデータベースを作成します。詳しい解説は別のページで行ないますがコマンドラインツールを使ってデータベースを作成する場合は次の書式を使用します。

sqlite3 データベース名

データベース名を指定してsqlite3プログラムを実行すると既にデータベースが存在している場合は指定した名前のデータベースに接続し、指定した名前のデータベースが存在しない場合には新規にデータベースを作成した上で接続します。

データベース名は任意の名前でいいのですが、指定したデータベース名でファイルが作成されます。例えば sampledb.sqlite3 とか sampledb.db とかです。拡張子無しで sampledb のようなものでも結構です。今回は sample.sqlite3 としました。

sqlite3 sample.sqlite3

コマンドラインツールからデータベースとテーブルを作成する(2)

sample.sqlite3 というデータベースが新規に作成され、データベースに接続が行なわれています(ただし実際に実体が作成されるのはデータベースの中にテーブルなどを1つ作成した時です)。SQLite に接続されている間は sqlite> というプロンプトが表示されています。

次にデータベースの中にテーブルを一つ作成してみます。(詳しい解説は別のページで行ないます)。次のように実行してください。

create table username(id, name);

コマンドラインツールからデータベースとテーブルを作成する(3)

テーブルが作成されました。今回はデータベースを作成し、そのデータベースの中にテーブルを作成してみました。

データベースとの接続を終了するには「.exit」と入力して下さい。

.exit

コマンドラインツールからデータベースとテーブルを作成する(4)

データベースとの接続が切れました。

データベースが保存されたファイル

データベースを作成した後でテーブルなどを作成するとデータベースがファイルに保存されます。作成する場所を指定していませんでしたので sqlite3.exe を設置したディレクトリにデータベースのファイルが作成されています。

データベースが保存されたファイル(1)

sample.sqlite3 というファイルが新しく作成されています。このファイルは先ほど作成したデータベース sample.sqlite3 に関するデータが格納されているファイルです。このように SQLite ではデータベース毎にファイルを1つ(場合によっては複数ファイルを使用する場合もあります)作成して管理します。

SQLite入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。