SELECT文の結果を表示する時にカラム名をヘッダーとして表示(.headersコマンド)

広告
eyecatch

.headers コマンドを使うと SELECT 文などの結果を表示する時にヘッダー部分にカラム名を表示することができます。ここでは .headers コマンドの使い方について解説します。

.headersコマンドの使い方

.headers コマンドを使うと SELECT 文などでデータを取得し表示する時にヘッダーとしてカラム名を表示するかどうかを設定できます。書式は次の通りです。

.headers ON|OFF

.headers on と実行するとヘッダーが表示され、 .headers off と実行するとヘッダーは表示されません。(なお .headers の代わりに .header でも同じです)。

現在の設定は .show コマンドで確認することができます。

.show

.headersコマンドの使い方(1)

「headers」の項目の値が「off」となっておりデフォルトではヘッダーは表示されません。

ではデフォルトの設定のままデータを取得してみます。

select * from user;

.headersコマンドの使い方(2)

データだけが表示されました。次にヘッダーを表示する設定を行ってから改めてデータを取得してみます。

.headers on

.headersコマンドの使い方(3)

今度はデータが表示去れる前の1行目にカラム名が表示されました。

では表示モードを変えてヘッダーがどのように表示されるのかいくつか確認してみます。(表示モードの変更は「SELECT文などの出力モードを変更(.modeコマンド)」を参照して下さい)。

mode = csv :

.headersコマンドの使い方(4)

mode = column :

.headersコマンドの使い方(5)

mode = html :

.headersコマンドの使い方(6)

mode = tabs :

.headersコマンドの使い方(7)

mode = tcl :

.headersコマンドの使い方(8)

設定されているモードに合わせてヘッダーも表示されました。

-- --

.headers コマンドを使って SELECT 文の結果を表示する時にヘッダー部分にカラム名を表示する方法について解説しました。

SQLite入門の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。